logo
home > web > MTテンプレート内で変数にMTタグ情報を格納するときの方法

MTテンプレート内で変数にMTタグ情報を格納するときの方法

MTテンプレート内で変数にMTタグ情報を格納するときの方法が2種類ありました。
今まではSetVarBlockとか一生懸命使ってたけどモディファイアが存在してたのね。。


こう書いていたものが、
<MTSetVarBlock name="last5">
<MTEntries lastn="5">
    <MTEntryTitle>
</MTEntries>
</MTSetVarBlock>

↓↓↓

servarモディファイアを使ってこう書ける
<MTEntries lastn="5" setvar="last5">
    <MTEntryTitle>
</MTEntries>

ソースが汚くならずに済みますね!

参考:
http://www.movabletype.jp/documentation/appendices/modifiers/setvar.html


JavaScript Journal | JavaScript総合情報サイト

このブログ記事について

このページは、marooonが2011年3月 9日 15:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MTにFastCGIを導入して高速化できるか試してみた」です。

次のブログ記事は「MTの検索をできるようにしたまま管理画面にBasic認証をかける方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。