logo
home > web > MTでサイトマップXMLを作成してウェブマスターツールに登録するSEO対策

MTでサイトマップXMLを作成してウェブマスターツールに登録するSEO対策

MTでSEO対策をしましょう!
Googleにページを早くインデックスさせるためにsitemap.xmlを登録です。

まずはGoogleのWebMasterToolへアクセスしてアカウントを取得しましょう。
サイトを追加して、sitemap.xmlを登録します。

全てのブログをsitemap.xmlに追加したいので、MT上のウェブサイトのインデックステンプレートで
XMLを作成します。設定は下記。ファイル名はここではsitemap.xmlとしています。
(アーカイブのページを含めたい場合やプライオリティを変更した場合は自分で追加してー)


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84" 
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 
xsi:schemaLocation="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84 
http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84/sitemap.xsd">
<MTMultiBlog blog_ids="all">
<MTEntries>
<url>
    <loc><MTEntryPermalink></loc>
    <changefreq>always</changefreq>
    <lastmod><MTEntryDate format="%Y-%m-%d">T00:00:00+00:00</lastmod>
    <priority>1.0</priority>
</url>
</MTEntries>
</MTMultiBlog>
</urlset>

MTMultiBlogでウェブサイト配下にある全てのブログから記事をひっぱって来ています。

loc:ページのURL
changefreq:更新頻度(always、hourly、daily、weekly、monthly、yearly、never)
lastmod:最終更新日時
priority:他のージと比較して優先度を、0.0~1.0までの値で設定

適当ですいませんが参考まで

JavaScript Journal | JavaScript総合情報サイト

このブログ記事について

このページは、marooonが2011年1月12日 23:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MTの管理画面にテンプレート名を表示させる」です。

次のブログ記事は「Facebookアプリを作ってFacebookページに外部から投稿してみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。