logo
TwitterのAPI仕様変更によりHTTPでのアクセスができなくなったのでその時の対応をメモ

CPANモジュールのNet::Twitterが対応していなかったので
直接ファイルを書き変えた。

サーバのCPANモジュールの以下のファイルの
14行目辺りをhttpsへ変更

~/Net/Twitter/Role/API/RESTv1_1.pm

#has apiurl => ( isa => 'Str', is => 'ro', default => 'http://api.twitter.com/1.1' );
has apiurl => ( isa => 'Str', is => 'ro', default => 'https://api.twitter.com/1.1' );

これで問題なく動作した。
どうやら2月6日のアップデートでアプリ認証用のアクセスURLに渡すパラメータ名が変更になった模様。

認証ページ遷移後に下記のエラーが出ていたら待っていても
エラーのままです。
fb_error.png


○変更パラメータ
app_id → client_id
next → redirect_uri


下記の感じでFacebook::Graphを使用してURL生成してたら
生成後の上記パラメータを置換してあげましょう。。

my $fg = Facebook::Graph->new(
        postback => Postback,
        app_id   => APP_ID,
        secret   => SECRET
    );

    my $get_code_url = $fg->authorize->extend_permissions(PERMISSIONS)->uri_as_string;




下記のaddTransとaddItemを注文完了ページへ挿入する
itemは商品ごとに繰り返すようにする


<script type="text/javascript">

  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', '各アカウントのアナリティクスコード']);
  _gaq.push(['_trackPageview']);
  _gaq.push(['_addTrans',
      '注文ID',           // transaction ID - required
      '店名', // affiliation or store name
      '合計金額',          // total - required; Shown as "Revenue" in the
                        // Transactions report. Does not include Tax and Shipping.
      '税',           // tax
      '送料',          // shipping
      '市',       // city
      '県',     // state or province
      '国'            // country
  ]);
  _gaq.push(['_addItem',
      '注文ID',         // transaction ID - necessary to associate item with transaction
      '商品ID',         // SKU/code - required
      '商品名',      // product name - necessary to associate revenue with product
      'カテゴリ',     // category or variation
      '単価',        // unit price - required
      '数量'             // quantity - required
  ]);
  _gaq.push(['_trackTrans']);

  (function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();

</script>

Subversion(svn)で、アップデート(update)する際に更新されるファイルを事前に確認する方法。

svn st -u
下記を実行。
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

で次のコマンドでFinderを再起動します。
killall Finder

これで不可視ファイルや不可視フォルダが表示されます。

元に戻すには設定を削除します。
defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles
killall Finder

ブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04